修理作業

トップページ> ベルト修理 バックル修理 リフォーム

ベルト修理 サイズカット、延長 穴あけ、ベルト作り替え・・・

東京都足立区足立2-34-2

【ベルト修理事例紹介】

ベルトの作り替え
Gucciベルト修理
Gucciベルト修理
グッチのベルトの作り替え修理です。
オリジナルはステッチなしの仕様ですので、剥れてしまったようです。
ベルトは汗や皮脂で、どうしても接着が剥れてしまいます。
よく、日本とヨーロッパの気候風土の違いなどと、理由づけられていますが、
革の接着は湿度よりも、脂に弱いものです。
何年か使っているうちに十中八九剥れてきますので、弊社ではステッチ入りの仕様でお造りしています。
ベルトの作り替えは、幅、長さにより、7000円〜(両面本革使用)となっておりますが、
30ミリ幅程度のベルトでしたら、殆どの場合は、7000円〜7500円の間に収まります。(税別です)

ダンヒルベルト作り替え
ダンヒルベルト作り替え
ダンヒルベルト作り替え
ダンヒルベルトの作り替え修理です。
バックルに擦れて傷んでしまったベルトを、新しく作り替えしました。
テープで補修したり、かなり大事に使い込まれたベルトです。
体型も少しお太りになられたということで、サイズも延長しました。
折角作り直すのですから、サイズもぴったりサイズで作り直しです。
これでまた太れm・・ゴニョゴニョ

ディオールベルト作り替え
こちらのお客様は、グリーンのベルトをご所望で、
ご自分でも百貨店などで探したようですが、
なかなかグリーンのベルトというのは見つからないですよね。
実はこのベルト、ディオールのお洋服とセットのものでして、
ベルトも一緒にコーディネートされているんですね。

ディオールベルト作り替え
しかしベルトはご覧のように痛んでしまったのです。

ディオールベルト作り替え
このベルトがセットされていたお洋服はこちらです。
色々材料を探しまわりましたが、ぴったりとはいきませんが、グリーンのベルトをお造りできました。
お客様からは、落ち着いた色で満足しておりますと、お礼のお言葉をいただきました。
こちらは材料調達に費用が掛ってしまいましたので、9000円程度の作成費用となりました。

メンズベルト作り替え
こちらのメンズベルトは、サイズが合わなくなってしまったので、 バックルに合わせてベルトを作り替え修理しました。

ベルトカット
ポロラルフローレン ベルトカット
ポロラルフローレンの新品ベルトです。
海外での購入後、簡単に長さを調整出来ると思っていたら、
カット後の形状修正が難しいため、弊社に修理依頼ありました。
5センチカットのご依頼です。
先端のロゴの部分をカットしてしまいますが、長いので仕方ないとのことでした。

レディースサッシュベルトカット
レディースサッシュベルト作業前
女性のお客様から、レディースのサッシュベルトのカット依頼です。
カット後に縫製する必要がありますので、弊社にご依頼いただきました。

HTCベルトカット
北海道のお客様から、HTCのベルトカット依頼です。
コンチョがバックルと干渉してしまうので、一つ取り外しました。

ラルフローレンベルトカット
ラルフローレンベルトロゴ
ポロラルフローレンのベルトカットです。
カット後、太糸にて手縫いで仕上げています。
ベルトのカットは、ベルトの仕様によりますが、3000円程度です。
それぞれ作りは違いますので、個別でお見積りになりますが、
概ね、7センチ以上詰めるような作業で無いと、既存の穴やミシン跡が残りますので、
5センチ程度までだったら、穴あけをお勧めします。

ベルト延長
サイズが合わなくなってしまったベルト、出来る限り違和感無いように延長修理しております。
グッチベルトGG柄延長
剣先で隠れます
グッチのベルト延長修理です。
出来る限り似寄りの革で延長しました。
延長部分はベルトの剣先で隠れるように仕上げてありますが、
延長部分が長いと、隠しきれなくなります。

グッチリボンベルト延長
こちらもグッチのリボン柄の延長修理です。
こちらのベルトもかなり伸ばしました。

レディースベルト延長
背中部分です
こちらのレディーズベルトは前面デザインが特徴ありますので、
背中部分で延長しました。
ジャケットやカーディガン等を羽織ってお使いになるようです。
ベルトの延長修理は3500円〜5000円程度となります。

ベルトの穴あけ
ベルトの穴あけ
穴あけ作業
穴あけ作業は一か所540円です。
ご自身で行って穴の位置がずれてしまったり、 不完全な穴が原因でバックルが損傷してしまうことがありますので、
是非ご利用ください。
弊社では、採寸して、同じピッチで慎重に作業して行きます。
ただし、穴あけは丸形状のみとなります。
採寸してベルトの穴あけ

その他
グッチベルトはがれ
剥れてしまったグッチのベルト修理です。
剥れてからだいぶ時間が経過した模様で、革の部分だけが伸びて長さが合わなくなっています。

グッチベルト補修
ベルト仕上がり
GG柄の足りない部分は革を当てて仕上げました。
全体にミシンを入れて、剥れないように修理しています。

糸のほつれ
ベルト剣先補修
バックル修理と同時にご依頼がありました。
糸がほつれてきて、剣先が剥離しています。
貼り合わせてミシンを入れ直して修理しました。

【ベルト修理申込手順】

メールでベルト修理の内容がわかるような画像送信をお願いいたします。
追加の画像が必要な場合には、こちらから指示させていただきます。
返信時に見積り、お支払い方法等のご連絡もいたしますので、
ベルトの幅とお造りする長さもご連絡ください。
長さはご連絡いただいたサイズで作りますので、きつ目や緩めなどは、ご自分で調整してサイズをご指定ください。
お電話では、ベルト傷み具合や作業箇所の状態が正確に把握できず、
正確にお見積りできませんので、画像送付のご協力お願いしております。
ベルト修理の持込につきましても、できるだけ事前に画像送付の上、ご予約をお願いいたします。
ベルト修理の持込につきましては、一番下段に記載しております。
ベルト修理の見積りは無料です。

【ベルト修理申込画像送り先】

info@itokinzoku.co.jp

平日であれば24時間以内には返信していますので、
返信が届かない場合、直接お電話ください。
ケータイアドレスからのメールへは、弊社ezwebのアドレスから返信いたしますので、
PCメールの着信拒否解除はなさらなくて結構です。
ケータイのフィルター解除なさってくれる方は、junichi.ito-kinzokuあっとまーくezweb.ne.jpでお願いいたします。

LINEからの画像送付も受け付けておりますのでご利用ください。
LineQRコード

修理品紹介のブログ
ついに70万ページビュー突破^^

革の在庫は常に変動ありますので、カタログのようなものはご用意しておりません。
作り替え、延長など、出来る限り似寄りの革にて作業しておりますが、
デザイン変更などで、ご希望があればお申し出ください。

稀にコードバンで作り替えてほしいというご依頼もいただきますが、
コードバンですと、革の一枚買いとなってしまいます。
コードバンは馬のお尻の部分だけですから、
メガネと呼ばれる、左右繋がった革でないとベルトには長さが足りませんが、
メガネは流通量が非常に少なく、材料費だけで3〜4万円程度掛ってしまいます。
それでもこだわりのあるお客様からでしたら、喜んでお引き受けいたします。
もちろん、余った革は一緒にお返ししますので、ベルトや革小物など、
お造りになってもよろしいかと思います。

ベルトのバックル、金具部分の修理や、トレンチコートの修理は、 こちらのページにて案内しております。

ベルト修理はこちらに荷物が到着後、1週間から4週間と内容により異なります。
見積り時に納期ご連絡します。
【送料】
ベルト修理品の大きさおよび、お客様のご希望により選択しますが、
ゆうパック、レターパック510(510円)、レターパック360(360円)、定型外を使用します。
レターパック360の場合、3cm制限がありますので、ベルトによっては折り曲げないと入らない場合があります。

【お支払い】
入金確認後のベルトの発送となります。三井住友銀行へお振込みお願いいたします。
(振込手数料はご負担願います。)
代引きの場合は、発送はゆうパックのみとなります。
代引き手数料324円はご負担下さい。

郵便番号120-0015
東京都足立区足立2-34-2
有限会社伊東金属製作所
ベルト修理責任者:伊東純一
伊東純一
可能な限りご要望にこたえるようにしています。
修理に関しましてはお気軽にお問い合わせください。

法規表示

【ベルト修理持込について】
お近くの方で、ベルト修理持込希望の場合でも、できるだけ事前に画像送付お願いいたします。
ベルト修理持込可能な時間は、平日8時から17時くらいまでです。
留守にするときもありますので、完全予約制です。

電車の場合、最寄駅は東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の小菅駅になります。
小さな駅ですが、北千住の隣の駅ですので、常磐線、日比谷線、東武線、
つくばエクスプレスご利用の方であれば、楽にアクセスできます。

弊社への道順は、お車であれば道順開設のページにて写真で解説しています。
最寄駅からの動画も用意してますので、ご利用ください。
歩きスマホにはくれぐれもご注意願います。